【キタコレ!】こどものリパミンPSの効果とは?副作用の有無についても詳しく解説!

2020年02月02日
こどものリパミンPS 0

こんにちは!メンタルちゃんです!


『なんかウチの子落ち着きがない、、』

『周りの子と仲良くできず、なじめていない、、』

『何度注意しても聞いてくれない、、』


そんなお子さんの悩みを抱えていて、ネットで調べて『こどものリパミンPS』を見つけた方も多いのではないでしょうか?


でも、『どんな効果があるんだろう?』、『何歳から飲めるの?』、『副作用は大丈夫?』といろいろ心配なこともありますよね?


今回はこどものリパミンPSについて詳しく書いていきたいと思います!



こどものリパミンPSとは?

こどものリパミンPSのパッケージと親子の写真

こどものリパミンPSとは、簡単に言うとお子さんの健康な心をサポートするサプリメントです。リパミンPSというと薬や大人向けのサプリと思われるかもしれませんが、薬ではなくサプリメントで、しかも子供向けなのでお子さんが安心して飲むことができます。



どうして心が不安定になるの?

どうして子供の心が不安定なのか悩むお母さん

『どうして心が不安定になるの?』、『なんでウチの子だけ?』と疑問に思っている方もいると思います。確かにこどものリパミンPSを摂取しなくとも、もともと心が安定している子はたくさんいます。


では、なぜなのかというと、

心が不安定な子の原因は食事と過去の出来事です!


と、言っても『ママさんが不健康な食事をしているせいですよ』と言いたいわけではありません。心
に効果のある食べ物ほど普段の食事から摂りにくかったり、子供が嫌いな食べ物だったりします。

心に効果のある食べ物は摂りにくいことを黒板に示した画像


だから、こどものリパミンPSで補ってあげましょうという訳なんです。


さらに、子供は一度トラウマになった出来事や過去の失敗を引きずってしまいがちです。そこでこどものリパミンPSを摂ることによって、好循環のきっかけにしていこうということです。

好循環の画像
こどもが好循環のサイクルになる模式図


こどものリパミンPSは安定した心の軌道に乗せるためのエンジンだと思ってください。


衛星を軌道に乗せるためにはロケットで運ばなければいけません。そのロケットの推進力はエンジンです。そして衛星が軌道に乗るとぐるぐると自然に地球の周りを回り始めます。


一度好循環になった子は衛星のごとく、自然といいリズムの生活を送っていけるようになります。



こどものリパミンPSの効果とは?

こどものリパミンPSの効果を考える人のイラスト

こどものリパミンPSの効果を一言で言うと心が安定するということです。


『落ち着きがない』

『周りの子と仲良くできない』

『何度注意しても聞いてくれない』


これらの原因すべてが心が不安定によることなのです。そんなお困りにこどものリパミンPSが効果を発揮するのです。


では、こどものリパミンPSのどんな成分が効果を発揮するのか、みて見ましょう!


ホスファチジルセリン(PS)

ホスファチジルセリンの画像

一回見ただけじゃ覚えられないような、覚えにくい名前の『ホスファチジルセリン(PS)』。

『なんか怪しい成分じゃないの?』と思った方もいるかもしれませんが、ホスファチジルセリンは主に大豆に含まれている成分で心の安定に大きな効果があります。効果がある上に自然由来なので副作用の心配もありません。

ただし、大豆を原料としていますので、大豆アレルギーの方はお控えください。

このホスファチジルセリンがこどものリパミンPSに1粒で100mgも含まれているんです!大豆に換算すると約3.3kg分に相当します。

ちなみに私もホスファチジルセリン単体のサプリを飲んでいたことがありましたが、確かに心の安定効果を感じましたね。副作用もありませんでした。


L-チロシン

L-チロシンの画像

L-チロシンはドーパミンというやる気に関わる神経伝達物質の原料になる成分です。L-チロシンを積極的摂ることにより、やる気アップや集中力の向上などの効果が期待できます。

L-チロシンは乳製品や味噌といった食品に多く含まれており、副作用等の心配もありません。


L-トリプトファン

L-トリプトファンの画像

L-トリプトファンはセロトニンといった心の安定物質の原料になる成分です。気分の落ち込みを防いだり、心の不安定感を改善する効果があります。

心の病にも効果があるほどなので、心の健康を保つためにも摂っておきたい成分ですね。

ちなみにL-トリプトファンは必須アミノ酸の一種ですので、副作用の心配はありません。


ビタミンB6

ビタミンB6が多く含まれている魚の画像

数あるビタミンB群の中でも神経や心に効果を発揮するのがビタミンB6です。先ほどのL-トリプトファンがセロトニンに変わるときにもビタミンB6は使われます。

ビタミンなので副作用はもちろんありません。


ビタミンB12

ビタミン12が多く含まれているしじみの画像

先ほどのビタミンB6に続いて、ビタミンB12も神経に効果がある物質です。ビタミンB12が欠乏すると運動神経やさまざまな神経に支障をきたすことが知られているので、毎日摂取したいですね。

こちらもビタミンなので副作用等はありません。


葉酸

葉酸が多く含まれているほうれん草の画像

さて、リパミンPSに含まれている成分最後は葉酸です。貧血のある方、あった方にはお馴染みの成分ではないでしょうか?

葉酸はビタミンB12と並んで赤血球を造る働きがあるとともに、ドーパミンの生成を助ける働きもあります。L-チロシンとセットでやる気アップ効果が期待できます。

葉酸は別名ビタミンB9とも呼ばれ、こどものリパミンPSに配合されているビタミンB群のB6、B12とセットで吸収効果がアップします。

葉酸もビタミンですので、副作用の心配はありません。



以上の6種類の成分がこどものリパミンPSに配合されており、すべての成分が心の安定効果にアプローチしてくれます。


6つの成分を単体で購入すると高くつきますし、大人向けのサプリだとほとんどが錠剤なので子供が飲むには大変です。しかし、こどものリパミンPSはチュアブルタイプ(噛んで食べるタイプ)のサプリなので子供が食べやすいように作られています。



こどものリパミンPSって、副作用は大丈夫なの?

副作用を心配する人のイラスト

先ほどのこどものリパミンPSの効果のところで成分ごとに副作用の有無をお伝えしましたが、もう一度ここでまとめて書きます。


基本的にこどものリパミンPSは薬ではなく『食品』ですので、こどものリパミンPSの副作用はありません


しかし、こどものリパミンPSには大豆を原料とする成分が含まれていますので、大豆アレルギーの方は使用を控えてください



こどものリパミンPSは何歳から食べれるの?

走り回る幼稚園児のイラスト

こどものリパミンPSは基本的に食品ですので、成分上の理由で『何歳以上からしか食べられません』ということはありません。

しかし、チュアブル(噛んで食べる)タイプのサプリですので、しっかり歯で噛めるようになってからでないといけません。

なので、こどものリパミンPSは歯でしっかりと噛める3歳以上の摂取が適切だと思います。



こどものリパミンPSをお得に買うには早いもん勝ち!!

さて、こどものリパミンPSの効果や副作用、食べられる年齢がわかったところで購入方法を見ていきましょう!

こどものリパミンPSはAmazonや楽天でも売られていますが、一番お得に購入できるのが




Amazonや楽天では定価でしか売られていませんが、公式サイトからだと定期コースを注文された方に限り初回半額1500円(税抜き)で購入できるんです!!
(2回目以降は10%offの2700円(税抜き)でのお届けとなります)


しかし、この初回半額になる定期コースは数に限りがあるんです、、

それは毎週先着300名さま限定というものです。

ですから週の初めになるべく早めに注文しましょう!



まとめ

まとめのイラスト

こどものリパミンPSは

・お子さんの心を安定する効果がある
・副作用は食品ですから、ありません(ただし、大豆アレルギーの方はお控えください)
・歯でしっかり噛める3歳以上の摂取がよい


ということでした!

では、公式サイトへいってらっしゃい!!

気持ちの維持をサポートする子供用ラムネ味サプリメント【こどものリパミンPS】


気に入ったらシェア!

mentalchan216
この記事を書いた人: mentalchan216
うつ病、統合失調症、強迫性障害など多くの精神疾患を経験し、現在は仕事復帰できるまで改善。

コメント0件

コメントはまだありません