【マインドフルネス】なかなか難しい

2019年10月02日
その他 0
座禅を組んで修行する人たち


50: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:15:49.17 ID:RFSBocna
僧侶の人の言う事って、内容はその通りなんだけど
「それって相当修行しないと身に付かないよね」って感じ
自分の心の動きはそんな簡単に見えるわけない

59: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:23:56.78 ID:uXO3NTaZ
なんていうか、ガッカリだね
手動瞑想やめた

65: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:29:24.89 ID:6/zxxOpU
毎週ポッドキャストで法話を聞いて悟った気になってますうへへ

67: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:30:46.38 ID:tuOteVcN
ワンダルマは知らないけど、禅定入ったら痛いぐらいは消えるよ
手首捻挫して痛かった時も坐ったら何にも苦しみは感じないよ
当たり前じゃないの?でなくてなんで「ありのまま」観察なんか出来るの?

68: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:31:43.33 ID:tuOteVcN
苦しみ感じないというのは「痛み」そのものはあるけど気にならないってことね

75: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:39:16.16 ID:6/zxxOpU
心の動きを観察できていたら、つらいと思ってるエゴの反応を観察できるんじゃないかと思うんだけど、それって素人考えなんすか?
本当に観察が出来ていると、つらいという反応自体がないの?

77: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 17:41:39.55 ID:tuOteVcN
>>75
反応自体ないこともあるが、気づけば観察して無くなるな

101: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 18:41:00.82 ID:xcnkc1L3
全ての知覚認識の元である自分の心をまず整えるってだけの話でしょ
自分に慈悲を向けられない人は自分で自分を非難してたり自分を嫌い喧嘩してる状態だからまず自分自身と仲良くならないといけない
その心の癖を取るためにまず自分に慈悲を向けるってだけの話

108: 神も仏も名無しさん 2019/09/17(火) 19:03:39.53 ID:enE6eYoC
十日間の瞑想合宿に参加した人で、心の反応の仕組みに気づけたって人が、そのプラユキさんに近いこと言ってたな

115: 超次元導師 ◆Fy10wgTnaPO1 2019/09/17(火) 20:39:08.92 ID:8OhkNYWt
慈悲の瞑想が嫌いと言いつつも慈悲の瞑想に執着してる
「好きの反対は無関心」って本当なんだなあと
まあ、対象を自分に向ける事とか慈悲の瞑想を強要する人が嫌いって話ですか
対象を自分に向けるのは最初だけ(慈悲の瞑想にリアリティを持たせる為?)じゃないかと、だから割合で言えばちょびっとですからね、少なくとも私はそう思います
強要する人が嫌いなのは分かりますが、嫌いなら嫌いで執着する必要はないと、そんな人の為に自分の心が引っ張られるのは凄い勿体ないと思います

190: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 17:08:56.28 ID:sChREVUw
正直、座禅で事足りるという人は天才だと思うわ
凡夫にはもっと細かくガイドしてくれる人がいないと無理だと思う

193: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 17:59:40.48 ID:NppdF2/h
>>190
座禅は直接教わらないと第一歩から無理だけど
教わってればそんなに難しくないよ

194: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 18:27:13.46 ID:sChREVUw
>>193
でも安泰寺まで行くような人でも挫折してるらしいな
ネルケさんの文章読んだが
俺には到底真似出来ない、そんな気合ないわ

191: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 17:18:30.98 ID:L3pdJ3WW
映画とかじゃなくて現実そうだもんね
僧侶がうやうやしく法話をしても有り難くないというか
スマナサーラ長老の話とか聞いてるから物足りなく感じる
うちの親戚でもお金はたんまりあるのに葬式しなかった家もある

195: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 18:34:09.80 ID:881bzI+m
黙って三十年坐れ、の世界だからな…

197: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 19:10:51.95 ID:881bzI+m
「まず黙って十年坐れ」でしょ

十年後
「悟れませんでした」
「ならあと十年坐れ」 

また十年後
「悟れませんでした」
「ならあと十年坐れ」

また十年後
「悟れませんでした」
「ならあと十年坐れ」
「お世話になりました」

「…てな具合で三十年坐らせる。
二十歳の男が五十までなりますわ笑
そりゃあ娑婆に戻ったらこれはよく働きますよ。」

こんな感じ

226: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 21:07:23.42 ID:c4LcPXH6
>>197
うっわー……。
禅てそんな感じなんだ……。
酷すぎるね……。

233: 神も仏も名無しさん 2019/09/18(水) 21:51:46.06 ID:sabt5oOR
禅は何かになるものじゃないからな
座った後に出る言葉が悟れませんでしたなら何年座ってもそのまんまずっと続いてくだけなんだよね
自己流の禅が怖いのは確か

235: トム 2019/09/18(水) 22:16:55.28 ID:l/LbeSkX
道元禅師「仏道をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふというは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、萬法に証せらるるなり。萬法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。」
自己愛を捨てる坐禅。
自己愛が強い人はその自己中心性から自己矛盾を抱えて精神病になる。
自己愛を捨てた人は自分を忘れて家族や社会に貢献する事だけを考えるから自己矛盾を抱えずに済み、健全な精神状態を維持できる。
よって、大事なのは利他のみ。

236: アスペビクッ! 2019/09/18(水) 22:18:21.11 ID:0qXWcG3P
自己愛性の問題は健全な自己愛が足りないからだと思うよ

239: アスペビクッ! 2019/09/18(水) 22:32:10.54 ID:0qXWcG3P
不健全な自己愛というのは
思量の自己を自己の全てと思いこみ
その思慮で思慮の自己を物足りさせようとする
つまりエゴだね

ここで難しいのは、利他が思量の利他だった場合だ
利他が正しいと思量するほどこじれるんだ


、、、他人事じゃないんだがw
自分にはその条件付け強いからね

262: 神も仏も名無しさん 2019/09/19(木) 00:57:57.97 ID:Xj1GTpEn
仏教にプロなんているんですか

275: 神も仏も名無しさん 2019/09/19(木) 02:35:42.95 ID:IwJPmzCi
>>262
釈迦の時代の仏教徒にプロはいなかった

327: 神も仏も名無しさん 2019/09/20(金) 03:06:40.97 ID:mPssDNly
もしも汚れた心で話したり行ったりするならば
苦しみはその人につき従う

350: 神も仏も名無しさん 2019/09/20(金) 12:24:59.29 ID:K5zCflxH
>>349
二枚で表現するなら俺なら二枚目からは人物を消すかな…
まあ趣味の問題か

437: 神も仏も名無しさん 2019/09/22(日) 10:15:02.16 ID:ALVI1HPX
>>349
熊野先生の図
> ・マインドフルネスの模式図
> no title

> no title

>
> ・藤田一照師「修行は失敗してなんぼのもの」

初級者はこの二つ頭に入れておくと良いと思う
サルのマインドフルネスでは失敗し続けるし、失敗してナンボ

失敗しきったときにあるがまま評価せずのマインドフルネスが開けてくる
サルのマインドフルネスの不可能性を身を持って知らないと
本当のマインドフルネスにはならない
歎異抄はこの事を説いていると言えると思うね

サルの慈悲の瞑想の不可能性を身を持って知らないと
本当の慈悲にはならない
サルの南無阿弥陀仏ではなく、他力本願の南無阿弥陀仏になるかどうかが問題

そこに過度の強要があれば故天野氏や流氷丼氏のようなバッドケースも出てくるだろう
特にフキダシの中の人間しか想定していない理論だとそうなってしまう蓋然性は高い

また、そのような世界観・人間観で文化が成り立っているテーラワーダ国の人たちと
大乗の文化で生まれ育った日本人では前提とする世界観・人間観が違ってくるのは
当然だろう
そこに不幸な齟齬が生じる場合もあるだろう

389: 神も仏も名無しさん 2019/09/21(土) 15:05:36.81 ID:hT8lHQZl
「これはダメ」「これは間違い」と否定から入るのはマインドフルネスではない
「これこそが正しい、他は全部ダメ」言うまでもない
否定と疑いや観察は違う
他人からの情報を疑い自分の体験も疑う
疑った上で何を受け入れられるか考える

390: 神も仏も名無しさん 2019/09/21(土) 15:19:19.56 ID:HIrRgizm
人間って現実に決定的な何かが起きると「理由」を探しちゃうんだよね
記憶の中から逆算して
実際には様々な事象の因果関係が絡み合って起きたことでもお構いなしに単純化して、見つけた解に拘ってしまう

391: 神も仏も名無しさん 2019/09/21(土) 15:33:36.20 ID:hT8lHQZl
>>390
そう、そして「理由」を手放すのは容易ではない
サマタで思考ごと手放してからヴィパッサナーで自分の心を検証する必要がある

394: 神も仏も名無しさん 2019/09/21(土) 15:54:18.27 ID:hT8lHQZl
>>392
エゴも自分の一部
ただエゴだけが自分なのではないという考え方は大事だね
消すのではなく共生すると思う方がベターではないかと思ったり

398: 神も仏も名無しさん 2019/09/21(土) 16:10:57.56 ID:0htJ1TNk
>>394
少し言葉の使い方がお互いで違うと思うけど
考えや思いが自分の全て、と思ってるのが私の言ってるエゴね
考えや思いそのものはエゴじゃないし消し去らなくていい

反復だが、それに執着してそれを自分と思ってるのがエゴ
そこからは離れないとサティなんか無理だよ

593: 神も仏も名無しさん 2019/09/23(月) 17:03:11.98 ID:gg4ieJPd
マインドフルネスは非常に難しいものである
気安く手をだしてよいような安直なものではない
門は閉ざされているのだ
やる気に満ち溢れたら者だけがこの門を叩け

653: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 15:58:43.72 ID:5bLw9nRw
如何にしてマインドフルネスを実現するか。
そこの実践については、自我が認識し、思考し、行う領域なので
そこについては話せる。
直接的に言葉に表すのは、その範囲に留めるべきじゃないか、と思う。
つまり、月を指す指は示せるが、月を出して見せることはできない。

670: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:10:33.16 ID:82CnnBAT
「ありのまま」「評価しない」も「そう感じているだけ」だと思うがな
何の判断も介在しない知覚は認識不可能だと思うんよ

671: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:16:08.43 ID:NwPo85Bu
>>670
それはやって確かめないとわからないことですよ
考え、思いでどうにかしようとしたらそこから離れるような
そういう意識が人間にはある

672: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:25:04.42 ID:82CnnBAT
瞑想で体験する「平静さ」を「ありのまま」とか「評価しない」と表現していいのか
まあ俺は慈悲とかは分からんのだけど
用語の問題なのか他の問題なのか

675: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:42:10.87 ID:NwPo85Bu
>>672
瞑想でどんな体験をするのか、あまり詳細に書くべきではないと思うので
抽象的な表現になるが
平静さを観るのではなく、平静さをもって自らを観るということ

677: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:59:58.66 ID:82CnnBAT
>>673
思考と意識が別なのは分かる
平静さの先に「怒りや憎しみが意味を持たない世界」があるのも体験した
しかしまだその先があるらしいということも感じている
それらの境地の表現として「ありのまま」はベストなのか
まあ俺の認識が歪んでるだけかもしれん
>>675
あまり書くと人を惑わすだけかな

673: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:28:31.98 ID:5bLw9nRw
思考と意識は違うものなんだけど、これはそこまで行かないと分からない。
思考や感覚が自分(または自分が感じている実感)だと思っているのが普通だから、
思考と感覚でやってる限りは「そう感じてるだけ」の状態から抜け出せていない、
ということじゃないかな。

でも、多くの先人たちの証言が語っているように、その先はあります。

674: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:31:47.01 ID:5bLw9nRw
で、そこまで行くにあたって、欲や怒りでイライラしたりするのは妨げになる。
マインドフルネスの練習中に、マインドフルネスに関する議論に加わってイライラ
したりなんてことは、絶対に避けた方がいい。

676: 神も仏も名無しさん 2019/09/24(火) 17:58:35.22 ID:NwPo85Bu
自らの奥底を観るには、深い平静さが必要だ
と言ったほうがわかりやすいかな

引用元: ・マインドフルネス Part.23

気に入ったらシェア!

mentalchan216
この記事を書いた人: mentalchan216
うつ病、統合失調症、強迫性障害など多くの精神疾患を経験し、現在は仕事復帰できるまで改善。

コメント0件

コメントはまだありません